中東湾岸地域の金融システムと通貨統合(金子寿太郎・著/電子書籍)

クリックで画像を表示

経済・金融のクロスボーダー化、グローバル化に伴い、通貨統合の議論は中長期的に強まる傾向にある。本論は、湾岸協力会議(GCC)における通貨統合が国際金融における最適通貨圏の理論及び政治経済学的な観点から支持されているにも拘らず、その実現がなぜ阻害されているかを論じるものである。その分析においては、その主要な要因が経済・金融のいわばインフラ的な制度面にあるのではないかという仮説の下に、EUのユーロとの比較を通じて要因の検証を行い、そこから得られるインプリケーションを考察している。

【目次】

はじめに
序論
1.背景および問題設定
2.本書の目的および仮説
3.構成および分析の前提

Ⅰ.GCCの概要
1.GCCの発足とガバナンス構造
2.地域の政治・経済構造
3.GCCにおける通貨統合計画の沿革

Ⅱ.通貨統合等における先行研究およびEUとの比較
1.通貨統合の理論的側面とGCCへの適用
2.世界の通貨同盟と地域共同体・地域機構
3.GCC通貨統合の制度的側面に関する先行研究
4.EUにおける通貨統合の経緯
5.GCCとEUの間の協力関係
6.GCCにおける収斂基準とその達成状況
7.本書の分析の対象および手法(EUとの比較)

Ⅲ.GCCの金融経済に関する情報収集・公表の枠組
1.GCCにおける統計制度の実態の検証
2.EUとの比較分析
3.比較分析に基づくインプリケーションの考察
4.小括

Ⅳ.共通通貨の為替相場制度
1.GCCにおける為替相場制度の実態の検証
2.EUとの比較分析
3.比較分析に基づくインプリケーションの考察
4.小括

Ⅴ.GCC中銀の枠組み
1.GCCにおける中央銀行制度の実態の検証
2.EUとの比較分析
3.比較分析に基づくインプリケーションの考察
4.小括

Ⅵ.GCCの決済制度
1.GCCにおける大口資金決済制度の実態の検証
2.EUとの比較分析
3.比較分析に基づくインプリケーションの考察
4.小括

Ⅶ.GCCの銀行監督
1.GCCにおける銀行監督の実態の検証
2.EUとの比較分析
3.比較分析に基づくインプリケーションの考察
4.小括

結論
参考図表
引用・参考文献

  • 価格:1,080円
  • 注文数:1

カートの中身

カートに商品は入っていません

リンク